スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pure-FTPdをインストール

RHEL ES4 update3 x86_64にインストールした。

vsftpdとかだと、FTPでアップ中のコンテンツをhttpdがさらっていって中途半端なレスポンスを返してしまうとかいう困ったことが起こる。Pure-FTPdはatomicなアップができる。

# tar zxf pure-ftpd-1.0.29.tar.gz
# cd pure-ftpd-1.0.29

ビルド

# ./configure --prefix=/usr --with-ldap --with-altlog
# make
# checkinstall --inspect ← RPM化

インストール

# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/pure-ftpd-1.0.29-1.x86_64.rpm

起動スクリプトコピー

# cp configuration-file/pure-config.pl /usr/sbin/.
# chmod 755 /usr/sbin/pure-config.pl

自動起動スクリプトコピー

# cp contrib/redhat.init /etc/init.d/pure-ftpd
# chmod 755 /etc/init.d/pure-ftpd

自動起動スクリプト編集
# vi /etc/init.d/pure-ftpd
config: /etc/pure-ftpd.conf

config: /etc/pure-ftpd/pure-ftpd.conf

fullpath=/usr/local/sbin/$prog

fullpath=/usr/sbin/$prog

pureftpwho=/usr/local/sbin/pure-ftpwho

pureftpwho=/usr/sbin/pure-ftpwho

$fullpath /etc/pure-ftpd.conf --daemonize

$fullpath /etc/pure-ftpd/pure-ftpd.conf --daemonize

設定ファイルのディレクトリ作成

# mkdir /etc/pure-ftpd

設定ファイルコピー

# cp configuration-file/pure-ftpd.conf /etc/pure-ftpd/.

設定ファイル編集(各自の環境に合わせて)

# vi /etc/pure-ftpd/pure-ftpd.conf
ChrootEveryone              yes ← chrootを有効にする

TrustedGID 302 ← chrootの例外グループのgid

BrokenClientsCompatibility yes ← NLST対応

VerboseLog yes ← 詳細なログを出力する

NoAnonymous yes ← Anonymousは無効

LDAPConfigFile /etc/pure-ftpd/pureftpd-ldap.conf ← ユーザ認証にLDAPを使う場合の設定ファイルの場所

UnixAuthentication yes ← システムユーザでもログインする

Umask 113:002 ← 必要に応じて

NoTruncate yes ← atomicなuploadを有効

LDAPの設定ファイルコピー ※ユーザ認証にLDAPを使うなら

# cp pureftpd-ldap.conf /etc/pure-ftpd/.

LDAPの設定ファイル編集(各自の環境に合わせて)
# vi /etc/pure-ftpd/pureftpd-ldap.conf
LDAPServer 192.168.1.254

LDAPBaseDN dc=hogehoge,dc=co,dc=jp

LDAPBindDN cn=Admin,dc=hogehoge,dc=co,dc=jp

LDAPBindPW hogepass

syslogの設定変更

例えばsyslog.confとかrsyslog.confなら
*.info;mail.none;authpriv.none;cron.none       /var/log/messages

*.info;mail.none;authpriv.none;cron.none;ftp.none /var/log/messages

# Pure-FTPd ← 追加
ftp.* /var/log/pure-ftpd.log ← 追加
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。