スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMwareの不要な仮想NICとサービス

ネットワークの設定が3つあって

・ホストオンリー
ゲストOSがホストOSのネットワークとは独立している。

・NAT
ゲストOSがホストOS側のネットワークと通信するときNATされて通信。

・ブリッジ
ゲストOSとホストOSが同じネットワークな時

ということらしい。

ホストオンリー → VMnet1が使われる
NAT → VMnet8が使われる

なので、ブリッジを使用する場合はVMnet1とVMnet8を無効にできる。

あと、
VMware DHCP Service
VMware NAT Service
も無効にできる。

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/133-10bd52f6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。