スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リモートからOracle Clientインストール

Oracle Client(10gR2)のインストールメモ。

まずOracleのメディアのclientディレクトリをzip圧縮したclient.zipを/tmpにアップしておく。

# groupadd -g 502 oinstall
# groupadd -g 503 dba
# useradd -g 502 -u 502 -G 503 -d /home/oracle -s /bin/bash oracle

# cd /opt
# mkdir -p app/oracle
# chown -R oracle:oinstall app

# su - oracle
% cd /tmp
% unzip client.zip
% cd client/install
% chmod 755 .oui
% chmod 755 unzip

% cd ../response
% vi clientadmin.rsp
UNIX_GROUP_NAME=oinstall
ORACLE_HOME=/opt/app/oracle/product/10.2.0/client
ORACLE_HOME_NAME=OraClient10ghome1
COMPONENT_LANGUAGES={"ja"}

% cd ../
% chmod 755 runInstaller
% ./runInstaller -silent -responseFile /tmp/client/response/clientadmin.rsp

rootに戻って
# cd /home/oracle/oraInventory
# ./orainstRoot.sh

/opt/app/oracle/product/10.2.0/client/network/admin/tnsnames.ora
を環境に合わせて設定する。

やり直しで上書きインストールする場合は
% cd /home/oracle
% rm -rf oraInventory
してからやり直す。

Oracleにつなぐユーザ(oracle以外)は
/etc/group
のoinstallにユーザを追加。

Oracleにつなぐユーザ(oracle含む)の
.bashrc

export ORACLE_BASE=/opt/app/oracle
export ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/product/10.2.0/client
export LD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib
export NLS_LANG=JAPANESE_JAPAN.JA16EUC
export PATH=$PATH:$ORACLE_HOME/bin
を追加。

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/143-a4a2e361

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。