スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IPMP

okプロンプトから、
ok setenv local-mac-address? true
ok printenv local-mac-address? ← trueになっていることを確認

【/etc/hosts】
192.168.1.1 hoge0
192.168.1.2 hoge01
192.168.1.3 hoge1

【/etc/hostname.dmfe0】
hoge0 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255 group ipmpgrp

【/etc/hostname.dmfe0:1】
hoge01 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255 -failover deprecatedup

【/etc/hostname.dmfe1】
plumb hoge1 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255 group ipmpgrp -failoverstandby deprecated up

ipmpgrpはグループ名。適当に付ける。
「dmfe」の部分はインターフェースに合わせて。

通信に使用するIPアドレスはhoge0(192.168.1.1)。
フェイルオーバー時はdmfe1:1が自動生成されてhoge0を引き継ぐ。
フェイルバックするとdmfe1:1が消えて元通りdmfe0がhoge0になる。

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/151-89bf8286

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。