スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bonding

eth2(active)とeth0(backup)でbond0(192.168.1.2)
eth3(active)とeth1(backup)でbond1(192.168.2.2)
を構成する。

【/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0】
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=none
MASTER=bond0
SLAVE=yes
USERCTL=no
ONBOOT=yes

【/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth2】
DEVICE=eth2
BOOTPROTO=none
MASTER=bond0
SLAVE=yes
USERCTL=no
ONBOOT=yes

【/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1】
DEVICE=eth1
BOOTPROTO=none
MASTER=bond1
SLAVE=yes
USERCTL=no
ONBOOT=yes

【/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth3】
DEVICE=eth3
BOOTPROTO=none
MASTER=bond1
SLAVE=yes
USERCTL=no
ONBOOT=yes

【/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0】
DEVICE=bond0
IPADDR=192.168.1.2
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.1.0
BROADCAST=192.168.1.255
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
USERCTL=no

【/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond1】
DEVICE=bond1
IPADDR=192.168.2.2
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.2.0
BROADCAST=192.168.2.255
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
USERCTL=no

【/etc/modprobe.conf】
install bond0 /sbin/modprobe bonding -o bond0 mode=active-backup arp_interval=1000 arp_ip_target=192.168.1.1 primary=eth2
install bond1 /sbin/modprobe bonding -o bond1 mode=active-backup arp_interval=1000 arp_ip_target=192.168.2.1 primary=eth3

※bondを2つ以上構成する時やっちゃいけない記述

alias bond0 bonding
alias bond1 bonding
options bond0 arp_interval=1000 arp_ip_target=192.168.1.1 mode=active-backup primary=eth2
options bond1 arp_interval=1000 arp_ip_target=192.168.2.1 mode=active-backup primary=eth3

bond0はこれでいいかもしれないけど2つ目(bond1)以降は「install bond1 …」の記述にしないとダメらしい。

IPエイリアスを使うときは普通に
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0:1
とかを作って
DEVICE=bond0:1
IPADDR=192.168.1.3
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.1.0
BROADCAST=192.168.1.255
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
USERCTL=no
みたいな記述で良い。

手動でインターフェースをUPするときは
# ifup bond0:1

SIOCSIFFLAGS: Cannot assign requested address
とかエラーが出るけど気にしない。

ifconfigではUPしなかった。

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/152-305473ed

RHEL5でXen(bondingも)その1
Domain0にもDomainUにもRHEL5をインストールする。まずはDomain0から。特別なことはなし。パッケージ選択時に「仮想化」を選択するだけ。インストール後の起動時にModule microcode not foundみたいなエラーが

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。