スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡張MIBを使う

Ciscoの拡張MIBを使う。

net-snmpは/usr/local/netsnmpにインストールしてある。

/usr/local/netsnmp/share/snmp/mibs

CISCO-FIREWALL-MIB.my
CISCO-MEMORY-POOL-MIB.my
CISCO-PROCESS-MIB.my
CISCO-QOS-PIB-MIB.my
CISCO-SMI.my
CISCO-TC.my
をコピー。

MIBS環境変数をセットする。
Cシェル系
% setenv MIBS ALL
Bシェル系
# MIBS=ALL; export MIBS

% cd /usr/local/netsnmp/bin
% ./snmpwalk -c community -v 2c HOST CpmCPUTotalEntry
みたいな感じ。

MIBファイルは依存関係があって、例えばCISCO-PROCESS-MIB.myの先頭は

IMPORTS
 MODULE-IDENTITY,
 OBJECT-TYPE,
 Counter32,
 Gauge32,
 NOTIFICATION-TYPE,
 Unsigned32
  FROM SNMPv2-SMI
 TimeStamp,
 DisplayString,
 RowStatus
  FROM SNMPv2-TC
 MODULE-COMPLIANCE,
 OBJECT-GROUP,
 NOTIFICATION-GROUP
  FROM SNMPv2-CONF
 ciscoMgmt
  FROM CISCO-SMI
 EntPhysicalIndexOrZero
  FROM CISCO-TC;

みたいになってる。このIMPORTSセクションのFROMにあるMIBファイルが必要になる。この場合は
・SNMPv2-SMI
・SNMPv2-TC
・SNMPv2-CONF
・CISCO-SMI
・CISCO-TC
が必要ということ。

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/159-9dc06a60

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。