スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ruby 1.8.6をRPM化してインストール

前回インストールしたcheckinstallを使ってruby 1.8.6をRPM化してインストール。

# tar zxf ruby-1.8.6-p111.tar.gz
# cd ruby-1.8.6-p111
# ./configure --prefix=/usr
# make
# checkinstall --fstrans=no

The package documentation directory ./doc-pak does not exist.
Should I create a default set of package docs? [y]: <ENTER>

Please choose the packaging method you want to use.
Slackwareなら[S], RPMなら[R], Debianなら[D]を入力 R<ENTER>

このパッケージの説明を書いてください
End your description with an empty line or EOF.
>><ENTER>

**************************************
**** RPM package creation selected ***
**************************************

This package will be built according to these values:

1 - Summary: [ Package created with checkinstall 1.6.1 ]
2 - Name: [ ruby-1.8.6 ]
3 - Version: [ p111 ]
4 - Release: [ 1 ]
5 - License: [ GPL ]
6 - Group: [ Applications/System ]
7 - Architecture: [ x86_64 ]
8 - Source location: [ ruby-1.8.6-p111 ]
9 - Alternate source location: [ ]
10 - Requires: [ ]
11 - Provides: [ ruby-1.8.6 ]

変更するものの番号を入力してください。Enterで続行します: <ENTER>

で、↓ができ上がる。
/usr/src/redhat/RPMS/x86_64/ruby-1.8.6-p111-1.x86_64.rpm

インストールしようとするも
# cd /usr/src/redhat/RPMS/x86_64
# rpm -ivh ruby-1.8.6-p111-1.x86_64.rpm
Preparing... ########################################### [100%]
1:ruby-1.8.6 ########################################### [100%]
エラー: unpacking of archive failed on file /usr/bin/make;470cab3f: cpio: MD5 sum mismatch

とかエラーでるから

# rpm -ivh --nomd5 ruby-1.8.6-p111-1.x86_64.rpm
Preparing... ########################################### [100%]
1:ruby-1.8.6 ########################################### [100%]

でインストール成功。

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/169-2264afe9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。