スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RHEL5でkeepalived (VRRPだけ)

【コンパイル&インストール】

# cd /usr/local/src
# tar zxf keepalived-1.1.15.tar.gz
# cd keepalived-1.1.15
# ./configure
# make
# make install
# cd /etc/init.d
# cp /usr/local/src/keepalived-1.1.15/keepalived/etc/init.d/keepalived.rh.init keepalived

【/etc/init.d/keepalived】

. /etc/init.d/functions
の下あたりに
PATH=$PATH:/usr/local/sbin; export PATH
を追加。

start()のkeepalivedのオプションに-Pを追加。
↓こんな感じ。
daemon keepalived -D -P

# cd /etc
# mkdir keepalived
# cd keepalived
# cp /usr/local/etc/keepalived/keepalived.conf .

【/etc/keepalived/keepalived.conf】
! Configuration File for keepalived

global_defs {
notification_email {
hoge-to@hoge.jp ← メール通知を使う場合(通知先アドレス)
}
notification_email_from hoge-from@hoge.jp ← メール通知を使う場合(送信元アドレス)
smtp_server 192.168.1.1 ← メール通知を使う場合(SMTPサーバ)
smtp_connect_timeout 30 ← メール通知を使う場合(SMTPコネクトのタイムアウト値)
vrrp_instanceの設定でsmtp_alertを使う場合
router_id hoge-host ← ホスト名とか
}

vrrp_instance VI_1 {
state MASTER ← スレーブの場合は"BACKUP"
interface eth0
virtual_router_id 66 ← マスターとスレーブで同じ値にする
priority 101 ← スレーブの方が大きい値になるようにする(この場合だとBACKUPは100とか)
advert_int 1
smtp_alert ← メール通知を使う場合
authentication {
auth_type PASS
auth_pass xxxxxxxx ← 適当にパスワード
}
virtual_ipaddress {
192.168.1.2 ← VRRP IPアドレス
}
}


【自動起動設定】

# chkconfig --add keepalived
# chkconfig keepalived on

【起動】

# /etc/init.d/keepalived start

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/193-282a71ea

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。