スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aapche2.2.13をcheckinstallでRPM化してからインストール

apache2.2.13のソースディレクトリをAPACHESRCとする。

まずはaprから

# cd APACHESRC/srclib/apr
# ./configure
# make
# checkinstall --fstrans=no --inspect

3 - Version:を1.3.8にする。

できあがったrpm(redhat系だったら/usr/src/redhat/RPMS/i386/とかにある)をインストール。
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/i386/apr-1.3.8-1.i386.rpm

【APACHESRC/srclib/apr/libapr-1.la】

installed=no

installed=yes
に修正。

次にapr-util

# cd APACHESRC/srclib/apr-util
# ./configure --with-apr=/usr/local/apr
# make
# checkinstall --fstrans=no --inspect

2 - Name:と11 - Provides:をapr-utilに、3 - Version:を1.3.9にする。

できあがったrpm(redhat系だったら/usr/src/redhat/RPMS/i386/とかにある)をインストール。
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/i386/apr-util-1.3.9-1.i386.rpm

APACHESRC/srclib/apr-util/libaprutil-1.la】

installed=no

installed=yes
に修正。

【/usr/local/apr/lib/libaprutil-1.la】

もし
dependency_libs=' -lexpat /usr/local/apache2/lib/libapr-1.la -luuid -lrt -lcrypt -lpthread -ldl'
みたいになってたら
dependency_libs=' -lexpat /usr/local/apr/lib/libapr-1.la -luuid -lrt -lcrypt -lpthread -ldl'
に修正。

最後に本体

# cd APACHESRC
各自環境に合わせてconfigure
# ./configure --enable-module=all --enable-mods-shared=all --enable-proxy --with-mpm=worker
# make
# checkinstall --fstrans=no --inspect

できあがったrpm(redhat系だったら/usr/src/redhat/RPMS/i386/とかにある)をインストール。
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/i386/httpd-2.2.13-1.i386.rpm

起動スクリプトコピー
# cp APACHESRC/build/rpm/httpd.init /etc/init.d/httpd

【/etc/init.d/httpd】

config: /etc/httpd/conf/httpd.conf

config: /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
に修正。

apachectl=/usr/sbin/apachectl

apachectl=/usr/local/apache2/bin/apachectl
に修正。

httpd=${HTTPD-/usr/sbin/httpd}

httpd=${HTTPD-/usr/local/apache2/bin/httpd}
に修正。

CONFFILE=/etc/httpd/conf/httpd.conf

CONFFILE=/usr/local/apache2/conf/httpd.conf
に修正。

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/259-25e92edd

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。