スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tcpserverのログ

qmailで使ってるtcpserverのログがmessagesに出力されると、そればっかりで埋め尽くされて見通しが悪い。

なので、tcpserverのログを別ファシリティ(local6)にして分ける。

【/etc/syslog.conf】

*.info;mail.none;authpriv.none;cron.none    /var/log/messages
みたいなところを
*.info;mail.none;authpriv.none;cron.none;local6.none    /var/log/messages
に修正。

↓を追加
# tcpserver
local6.*    /var/log/tcpserver.log

【Syslog再起動】

# /etc/init.d/syslog restart

【qmail起動スクリプト修正】

起動スクリプトの
/usr/local/bin/tcpserver -v -x /var/qmail/etc/tcp.smtp.cdb … … | /var/qmail/bin/splogger smtpd 3 &
/usr/local/bin/tcpserver -v -x /var/qmail/etc/tcp.pop3.cdb … … | /var/qmail/bin/splogger pop3d 3 &
とかなってる部分の最後の数字(=3)がファシリティになる。

/usr/include/syslog.hとか/usr/include/sys/syslog.hを見ればファシリティの文字列と数字の対応付けが分かる。local6は
#define LOG_LOCAL6 (22<<3) /* reserved for local use */
になってるから、22。

ということで、
/usr/local/bin/tcpserver -v -x /var/qmail/etc/tcp.smtp.cdb … … | /var/qmail/bin/splogger smtpd 22 &
/usr/local/bin/tcpserver -v -x /var/qmail/etc/tcp.pop3.cdb … … | /var/qmail/bin/splogger pop3d 22 &
に修正する。

【/etc/logrotate.d/syslog】

/var/log/messages /var/log/secure /var/log/maillog /var/log/spooler /var/log/boot.log /var/log/cron {
みたいなところを
/var/log/messages /var/log/secure /var/log/maillog /var/log/spooler /var/log/boot.log /var/log/cron /var/log/tcpserver.log {
に修正。

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/278-50500b50

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。