スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

thinでRailsを動かすときの設定と起動スクリプト

【config/thin.yml (thinの設定ファイル)】

基本的にはこれとほとんど同じ。
pid: tmp/pids/thin.pid ← PIDファイル
log: log/thin.log ← ログファイル
servers: 2 ← 起動するthinプロセスの数
port: 3101 ← ポート(デフォルトは3000)
daemonize: true ← thinをデーモンで動かす
#environment: development ← 開発環境で実行
environment: production ← 本番環境で実行
user: rack ← thinプロセスの実行ユーザ
group: rack ← thinプロセスの実行グループ


【/etc/init.d/rails (起動スクリプト)】
#!/bin/sh
### BEGIN INIT INFO
# Provides: rails
# Required-Start: $local_fs $remote_fs
# Required-Stop: $local_fs $remote_fs
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: S 0 1 6
# Short-Description: rails initscript
# Description: rails
### END INIT INFO

# Original author: Forrest Robertson

# Do NOT "set -e"

DAEMON=/usr/bin/thin
SCRIPT_NAME=/etc/init.d/rails

APP_PATH="/usr/local/rack/webapps/myapp" ← RAILS_ROOT

CONFIG_PATH="config/thin.yml"

# Exit if the package is not installed
[ -x "$DAEMON" ] || exit 0

cd $APP_PATH

case "$1" in
start)
$DAEMON start -C $CONFIG_PATH
;;
stop)
$DAEMON stop -C $CONFIG_PATH
;;
restart)
$DAEMON restart -C $CONFIG_PATH
;;
*)
echo "Usage: $SCRIPT_NAME {start|stop|restart}" >&2
exit 3
;;
esac

:

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/290-d7f44ea4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。