スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XenのゲストOSを起動するとプロンプトが戻ってこない

CentOS5.5の話。
ゲストOSを起動したら、そのままプロンプトが戻ってこない。

↓こんな感じ
# xm create -c /etc/xen/VM-DomU
Using config file "/etc/xen/VM-DomU".

pyGRUB version 0.6
┌───────────────────────────────────┐
│CentOS (2.6.18-194.11.1.el5xen) │
│CentOS (2.6.18-194.8.1.el5xen) │
│CentOS (2.6.18-194.el5xen) │
│ │
│ │
│ │
│ │
│ │
└───────────────────────────────────┘
Use the ^ and v keys to select which entry is highlighted.
Press enter to boot the selected OS, 'e' to edit the
commands before booting, 'a' to modify the kernel arguments
before booting, or 'c' for a command line.

Will boot selected entry in 1 seconds

Started domain VM-DomU
rtc: IRQ 8 is not free.
i8042.c: No controller found.

###########ここで止まる###########

ゲストOS自体は起動するようで、ターミナルからsshとかでログインはできる。けどなんとかしたい。

ということで、ゲストOSの/boot/grub/grub.confの

kernel /vmlinuz-2.6.18-194.11.1.el5xen ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quiet



kernel /vmlinuz-2.6.18-194.11.1.el5xen ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quiet console=xvc0

に修正してゲストOSを再起動すれば解決。

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/303-b0927975

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。