スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Image::Imlib2のインストール

前回に続き、RedHat ES4 update3(64bit)にImage::Imlib2をインストール。

ソースからビルドする場合、依存関係として↓がある。yumとか使えば気にしないで済むわけだが…。

Image::Imlib2
  Module::Build
    ExtUtils::ParseXS
      ExtUtils::CBuilder

現時点での最新版を落とす

# wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/L/LB/LBROCARD/Image-Imlib2-2.03.tar.gz
# wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/D/DA/DAGOLDEN/Module-Build-0.3607.tar.gz
# wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/D/DA/DAGOLDEN/ExtUtils-ParseXS-2.2206.tar.gz
# wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/D/DA/DAGOLDEN/ExtUtils-CBuilder-0.2703.tar.gz

まずExtUtils::CBuilderからビルド&インストール

# tar zxf ExtUtils-CBuilder-0.2703.tar.gz
# cd ExtUtils-CBuilder-0.2703
# perl Makefile.PL PREFIX=/usr
# make
# make test
# checkinstall --inspect
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/ExtUtils-CBuilder-0.2703-1.x86_64.rpm

次にExtUtils::ParseXSをビルド&インストール

# cd ../
# tar zxf ExtUtils-ParseXS-2.2206.tar.gz
# cd ExtUtils-ParseXS-2.2206
# perl Makefile.PL PREFIX=/usr
# make
# make test
# checkinstall --inspect
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/ExtUtils-ParseXS-2.2206-1.x86_64.rpm

で、Module::Buildをビルド&インストール

# cd ../
# tar zxf Module-Build-0.3607.tar.gz
# cd Module-Build-0.3607
# perl Makefile.PL PREFIX=/usr
# make
# make test
# checkinstall --inspect
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/Module-Build-0.3607-1.x86_64.rpm

最後にImage::Imlib2をビルド&インストール

# cd ../
# tar zxf Image-Imlib2-2.03.tar.gz
# cd Image-Imlib2-2.03
# perl Makefile.PL PREFIX=/usr

64bit OSのときは

# vi _build/build_params

でbuild_paramsを開いて、↓みたいに編集。

'extra_linker_flags' => [
'-L/usr/lib',
'-lImlib2',
'-L/usr/lib64',

↓↓↓('-L/usr/lib'を削る)

'extra_linker_flags' => [
'-lImlib2',
'-L/usr/lib64',

それから

# make
# make test
# checkinstall --inspect
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/Image-Imlib2-2.03-1.x86_64.rpm

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/305-5517080b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。