スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

memcachedとCache::Memcached::Fastをインストール

OSはRHEL ES4 Update3 x86_64。

liveventのインストール。ソースはここから落とす

# tar zxf libevent-1.4.14b-stable.tar.gz
# cd libevent-1.4.14b-stable
# ./configure --prefix=/usr --libdir=/usr/lib64
# make
# checkinstall --inspect ← RPM化
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/libevent-1.4.14b-1.x86_64.rpm

memcachedのインストール。ソースはここから落とす

# tar zxf memcached-1.4.5.tar.gz
# cd memcached-1.4.5
# ./configure --prefix=/usr --libdir=/usr/lib64
# make
# checkinstall --inspect ← RPM化
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/memcached-1.4.5-1.x86_64.rpm

memcachedの設定

# groupadd -g 902 memcached
# useradd -u 9002 -g memcached -s /sbin/nologin -M memcached
# mkdir /var/run/memcached
# chown memcached:memcached /var/run/memcached
# cp scripts/memcached.sysv /etc/init.d/memcached ← RedHat系
# vi /etc/init.d/memcached

パラメータを環境に合わせて適当に編集。
例えばこんな感じで

USER=memcached
MAXCONN=2048
CACHESIZE=256

自動起動設定

# chkconfig --add memcached
# chkconfig memcached on

Cache::Memcached::Fastのインストール。ソースはCPANから落とす

# tar zxf Cache-Memcached-Fast-0.19.tar.gz
# cd Cache-Memcached-Fast-0.19
# perl Makefile.PL PREFIX=/usr
# make
# checkinstall --inspect
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/Cache-Memcached-Fast-0.19-1.x86_64.rpm

XML::LibXMLのバージョンが古いとmod_perlとかPersistentPerl環境でおかしくなるからバージョンアップしておく。
perl-XML-LibXML-Commonはrhnからダウンロードしてインストール(yumが使えればそっちの方が良い)。

# rpm -Uvh perl-XML-LibXML-Common-0.13-8.el4.x86_64.rpm

perl-XML-LibXMLの方はrhnのはバージョンが古かったから、こことかで検索・入手してインストール

# rpm -Uvh perl-XML-LibXML-1.69-3.el4.rf.x86_64.rpm

どのバージョンからOKなのかは分からないけどここによると、少なくともperl-XML-LibXML-1.62001では大丈夫だった模様。

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/310-2997d20d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。