スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomcat起動シェル

Tomcatの起動シェルを作成。

その前に/usr/local/tomcat/bin/setclasspath.shのCLASSPATH指定部分を修正しないと自分で作ったHelloWorldサーブレットがうまく動かなくてはまったりする。つーか、はまった。。

ってことで、

# Set standard CLASSPATH
if [ "$1" = "debug" -o "$1" = "javac" ] ; then
CLASSPATH="$JAVA_HOME"/lib/tools.jar
fi

を↓に変更

# Set standard CLASSPATH
if [ "$1" = "debug" -o "$1" = "javac" ] ; then
#CLASSPATH="$JAVA_HOME"/lib/tools.jar
CLASSPATH=$CLASSPATH:"$JAVA_HOME"/lib/tools.jar
fi

で、起動シェルはどっかのサイトにあったのをほとんどそのままパクリ。
↓みたいな感じ。

#!/bin/sh

export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.5.0_04
BINDIR=/usr/local/tomcat/bin

case "$1" in
  start)
    echo -n "Starting tomcat:"
    ${BINDIR}/startup.sh
    echo
    touch /var/lock/subsys/tomcat
    ;;
  stop)
    echo -n "Shutting down tomcat:"
    ${BINDIR}/shutdown.sh
    echo
    rm -f /var/lock/subsys/tomcat
    rm -f /var/run/tomcat.pid
    ;;
  status)
    status tomcat
    ;;
  restart)
    $0 stop
    $0 start
    ;;
  *)
    echo "Usage: $0 {start|stop|restart|status}"
    exit 1
esac

exit 0

これを/etc/init.d/tomcatに保存して

# cd /etc/rc3.d
# ln -s ../init.d/tomcat ./S98tomcat

みたいにするといい。ちなみにTomcat→Apacheの順番で起動したいから、S98tomcat、S99httpd(Apache)にしてる。

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/37-6633f23d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。