スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomcatをビルド

バイナリのインストールで済ませちまったTomcat。やっぱりソースからコンパイルしたいよねってことで、家のデスクトップでやってみた時のメモ。

まずFedoraCore2標準のantじゃだめみたいだから削除

# yum remove ant

で、ant(ant-1.6.5)をビルド&インストール

# export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.5.0_04
# export ANT_HOME=/usr/local/ant
# cd apache-ant-1.6.5
# ./build.sh
# ./build.sh install

パスを通す

# PATH=/usr/java/jdk1.5.0_04/bin:/usr/local/ant:$PATH; export PATH

次にTomcatのビルド。バージョンは5.5.9。やり方は至って簡単で

# ant

が、jakarta-tomcat-5.5.9-src/jakarta-tomcat-5/build.xmlの1811,1911行目で失敗。

どうも
http://unc.dl.sourceforge.net/sourceforge/junit/junit3.8.1.zip
っつーファイルがNot Foundらしい。。

ということで
build.properties.defaultの
# ----- Sourceforge files base location -----
base-sf.loc=http://unc.dl.sourceforge.net/sourceforge

# ----- Sourceforge files base location -----
#base-sf.loc=http://unc.dl.sourceforge.net/sourceforge
base-sf.loc=http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge
にしてダウンロード先変更。うまくいく。やっぱ和製サーバやね。

最後にコピーしてインストール完了

# cd jakarta-tomcat-5.5.9-src/jakarta-tomcat-5
# cp -R build /usr/local/tomcat-5.5.9
# cd /usr/local
# ln -s ./tomcat-5.5.9 tomcat

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/46-6ff416db

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。