スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

jvim on Solaris9

% tar zxf vim-3.0.tar.gz
% tar zxf jvim.2.1b.tar.gz
% cd vim
% patch -p0 < ../jvim.diff
% cd src
% cp makjunix.mak Makefile

■Makefileの中身編集
1. configration dependend
X11LIBDIR = /usr/openwin/lib
X11INCDIR = /usr/openwin/include

2-2. Select Japanese Input System dependend
# generic for FEP Sequence
#
FEPOPT = -DFEPCTRL
FEPLIBS =
FEPOBJS = fepseq.o

3. hardware dependend
# SOLARIS with X11 and gcc (TESTED with SOLARIS 2.3 and gcc 2.5.8)
#
MACHINE = -DSYSV_UNIX -DSOLARIS -DTERMINFO -DUSE_X11
CC=gcc -O -R$(X11LIBDIR) -L$(X11LIBDIR) -I$(X11INCDIR)
LIBS = -ltermlib -lX11

% make
% su
# make install

この記事のトラックバックURL

http://ysmt.blog21.fc2.com/tb.php/93-cc521067

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。